大観 – 森島酒造


酒造りは人づくり。

手造り・手作業にこだわりを持ち、特に麹造りに力を込める酒造りで、酒米の上品な旨味を最大限に表現した、味幅が広がり透明感漂う茨城の地酒。

また、全国新酒鑑評会での金賞をはじめ、数々の品評会で賞を受賞しており、さらなる活躍を期待したい。

 

茨城の誇り、 金賞受賞の常連蔵

 

取り扱い商品一覧

松蔵屋で取り扱っている「大観」商品をご紹介。気になる商品がありましたらぜひ一度ご賞味あれ。

 


大観 本醸造
仕込み水に蔵の敷地内で汲み上げる阿武隈山南端の山々から流れる伏流水を使用。米の自然な旨味が伝わる辛口タイプです。

大観 白砂青松 熟成純米吟醸
深みのある落ち着いた香りと、今までにないまろやかな口当たり。味幅広がるコクも魅力的です。冷やして飲むと、味に一層ハーモニーが生まれます。

大観 大吟醸
低温で静かに静かに発酵させた手造り酒。華やかな吟醸香・すっきりとした上質な味わい、なめらかな喉ごしをもつ優れたお酒です。

大観 純米大吟醸
上品なフルーツ香と共に米の旨みが充分に引き出された逸品。華麗な舞を思わせる、秘めた味わいが特徴。

大観 醗酵酒
しぼりたてを濁りの状態で瓶詰めした発酵途中のお酒。強炭酸の冬季限定酒です。

大観 純米吟醸
良質な酒米を使い、純米らしい力強い味わい。キレが良く独特の芳しい香りで、磨き抜いた米の旨みが生きています。

大観 純米酒 美山錦
上品で爽やかな香りと軽快な飲み口の中に、ほんのりと優しい旨味が広がる、クリアな味わい。

大観 純米吟醸 山田錦
なめらかな口当たりと深み、綺麗な透明感と華やかな旨味が口いっぱいに広がります。

大観 純米吟醸 雄町
柔らかな旨味と、品のある吟醸香。フレッシュさとジューシーさがあり、柔らかな味わいのお酒。

大観 純米酒 美山錦 無濾過生原酒
米の味と香りが程よく広がる、力強い味わい。

大観 純米吟醸 山田錦 無濾過生原酒
濃厚な甘みと旨みがありながら、上品な舌触り、味わいの透明感、後味の自然さを兼ね備えた、極めて完成度の高いお酒です。

大観 純米吟醸 雄町 無濾過生原酒
雄町の特性を活かした、バランスの優れた味わい深い飲み口。キレが良く味がありなが
らも、飲み飽きしないお酒に仕上がっています。

 

酒蔵紹介

茨城の誇り、手作業にこだわる酒蔵

 

酒蔵から少し歩けば、そこはもう海。海岸から50mと離れていない、茨城県日立市北部の海岸・港町である川尻町に森島酒造はある。

地面を2mも掘ると砂地が現れるのだが、更に掘り進めていくと、阿武隈山地南端の山々から流れる日本酒に最適な伏流水にぶつかる。この適度な鉱物質を含む硬質の天然水を敷地内より汲み上げ、丁寧に、そしてじっくりと仕込まれた酒が、茨城が誇る銘酒「大観」だ。

潮の香りと波風が聞こえ、浜風の香る風土の中、年間を通して著しい気温の変化は少なく、日本酒の製造・貯蔵には大変適している。また、手造り・手作業にこだわり続けており、成果として様々な鑑評会での金賞受賞の常連となっている。

こんなに海が近い場所にある造り酒屋は、全国的にもかなり珍しい。明治2年創業と深い歴史を持つ森島酒造を探る。

 

「大観」の名付け親

昭和28年当時の4代目・森嶋浩一郎社長は、近代日本画の巨匠・横山大観と深い交友関係にあったそう。酒豪の画伯が北茨城の五浦に住んでいた時に森島酒造の酒を愛飲しており、ある年の新酒の味わいが非常に気に入り、「大観、と名付けてはどうか?」と命名されたという。ラベルに使用されている「大観」のロゴは、画伯の直筆なんだそう。その命名から2年後の昭和30年、難関といわれる全国新酒鑑評会において、初めて金賞を受賞することができた。日頃の酒造りへの真摯な姿勢と努力に、画伯が力を添えたのかもしれない。

 

森島酒造から約70歩歩いた先に広がる川尻海岸。澄んだ海はまるで透明感あふれる「大観」のようだ。

 

手造り・手作業へのこだわり

近年の技術革新により、機械化・簡素化された中にも、どうしても人間の力でしか補えない部分が酒造りにはある。そこに生まれる判断や勘・ひらめきを大切に、あえて手造り・手作業にこだわりを持ち続けるのが森島酒造のこだわりだ。

赤子を育てる思いで、製造可能な数量だけを丁寧に醸している。中でも、麹づくりに特に力を込めている。「いかに良い麹を造るかで酒の味が決まるといっても過言ではない」と同酒造の専務、森嶋正一郎氏は語る。

また、「地元で作った酒米で仕込む、こだわりの酒を造りたい」という方針のもと、北茨城市・高萩市の熱心な農家が造る質の高い酒米を使って「大観 美山錦 純米酒」大観 本醸造 紫ラベルが生まれた。金賞受賞常連蔵のこだわり酒とあって、その味わいは絶品そのもの。

 

「大観」の今後

平成18年、森嶋専務が南部杜氏試験に合格した。

南部杜氏とは、越後杜氏・丹波杜氏と並んで日本三大杜氏の筆頭に数えられる、洗練された酒造りの技を受け継ぐ職人のことで、茨城県出身者では初の偉業である。

その森嶋専務は「将来は清酒離れに歯止めをかけられる銘酒を造ってみたい」と意欲を燃やす。専務と杜氏、二足のわらじを履く森嶋専務の奮闘と、手作業にこだわる森島酒造の酒造りに、今後も期待が高まるばかりだ。