酒田錦・セトイチ – 瀬戸酒造店

神奈川県足柄上郡開成町 瀬戸酒造店 酒田錦・セトイチ 開成町の美しい自然や豊かな資源を活かし、飲んだ人を幸せにしたい。
瀬戸酒造店 酒蔵の写真

開成町の美しい自然や豊かな資源を活かし、
伝統文化である醸造技術を駆使した日本酒で、飲んだ人を楽しく幸せにしたい。
日本酒の美味しさ、楽しみ方、豊かさを、たくさんの人に広げたい。
その想いを形にするために。


 

セトイチ

酒田錦

 

取り扱い商品

松蔵屋で取り扱っている吉良酒造の商品をご紹介。気になる商品がありましたらぜひ一度ご賞味あれ。

酒田錦 本醸造

酒田錦 本醸造

かつての酒蔵に根付いていた酵母と、足柄平野の米を使って復刻した伝統の酒。
しっかりとした味わいながら、香り穏やかですっきりめ。食中酒におすすめです。

酒田錦 純米酒

酒田錦 純米酒

かつての酒蔵に根付いていた酵母と、足柄平野の米を使って復刻した伝統の酒。
軽やかで丸みのある口当たりがあり、やや若々しい味わいながらも芯のしっかりとした旨味とコクを感じさせます。

セトイチ 音も無く

セトイチ
音も無く

『Kura Master 2019』にてプラチナ賞を受賞した、純米吟醸生貯蔵酒。
季節の微妙な陰影を感じながら、焼き鳥や焼き魚などとともに味わっていただきたいお酒です。

セトイチ かくかくしかじか

セトイチ
かくかくしかじか

華やかな香りとともに、ほのかな甘みとさっぱりとした旨味がじんわりと余韻を残す味わい。
みんなで談笑しながらワイワイ飲むシーンにおすすめの純米吟醸酒です。

セトイチ はるばる

セトイチ
はるばる

すっきりとした軽い印象の中に、味わい深い芯のある旨みが優しく広がり、ジューシーな膨らみと後切れ感が心地よい絶妙な味わい深さのお酒。

セトイチ 手の鳴る方へ

セトイチ
手の鳴る方へ

自然の力を引き出す伝統的な「生もと造り」でじっくり醸し、綺麗な味わいの中にしっかりと原酒の力強さを感じさせるお酒。
はっきりとした旨味とシャープな余韻が、もう一杯、と盃を進ませます。

セトイチ ぴぃひゃら

セトイチ
ぴぃひゃら

祭りの夜を思わせる軽快な香りと、濃厚な味わい。
なめらかでジューシーな旨味が小気味よくはじけるような爽快な印象と、若々しく張りのあるしっかりとした味わいが余韻として残ります。
山の幸との食べ合わせがおすすめ!

セトイチ 月が綺麗ですね

セトイチ
月が綺麗ですね

透き通る夜空にぽっかりと浮かぶ月のような、凛とした喉ごし感と艶やかな口当たりがスマートに広がり、後からふっくらとした味わいが優しく包み込みます。

セトイチ いざ

セトイチ
いざ

丸みのある穏やかな味わいがほのかに華やかさをまとい、上品な旨味感と綺麗な余韻を残します。
きもちが静かに晴れていくような爽やかなイメージと、38年ぶりに蔵元が再始動し「いざ進もう!」という想いを込め、名付けられています。

セトイチ 2019

セトイチ
2019

飲む人の気持ちが晴れ晴れと開くような、肩の凝らないおおらかな純米大吟醸酒。
温かく丸い酸の形、口の中をパッと明るく照らす感じが心地よく、繰り返し手が伸びる味わい。(外箱付き)

セトイチ 風が吹いたら

セトイチ
風が吹いたら

江戸時代に行われていた、「十水仕込み」と呼ばれる製法を使い、通常よりも使用する水の量を減らして造られた特別純米酒。
米の濃度が高く、濃密な味わいです。
コク深く味幅があるため、オンザロックがおすすめ。

セトイチ いざ の写真

瀬戸酒造店

神奈川県と静岡県の県境付近、四方を豊かな自然に囲まれた地・足柄地区。そのやや西寄りのなだらかな地に位置する開成町に、この酒蔵はあります。
昔からこの一帯は「西郡四万石」といわれ、農耕の盛んな地域でした。本町の東を流れる酒匂川の度重なる氾濫により、自然と高いところに人が住みついて村落が形成されてきたようで、町の地名には「島・岡・台」といった高い場所を表す字が多く使われています。
そんな開成町で慶応元年に創業した瀬戸酒造店。1980年に自家醸造を中断していましたが、2018年から再び醸造をスタートしました。
長らく休息期間をとっていた同蔵を38年ぶりに再始動へと突き動かしたものは何なのか。
瀬戸酒造店の再始動に込められた熱意に迫りました。

瀬戸酒造店の蔵元の写真

瀬戸酒造店の「再始動」

実に38年ぶりとなる自家醸造再開の発起人は、東京に本社を持つコンサルティング会社の森隆信さん。
地方創生の仕事に携わっていた森さんのもとに入ってきた、「開成町にある酒造りを中断している酒蔵をコンサルティングしてほしい」という依頼から、全てが始まりました。

開成町の田園風景が見せる四季折々の表情、水路のせせらぎ、茅葺き屋根の古民家…人の心をほぐすこの風景から生まれる酒は、どんな味だろう。そんな思いが、森さんを突き動かしました。

しかし、実際の蔵元の反応は「酒造りの再開には補助金だけでなく自分たちでの資金調達も必要。加えて販路もないため売れ残るリスクもあり、跡継ぎもいないから先が見えない」という、決して前向きではないものでした。
それに対して森さんが出した答えは、「うちの会社が代わりに酒造りをやるといったらどうでしょうか?」
蔵元からも合意をもらい、再始動への第一歩を踏み出したのです。

瀬戸酒造店杜氏 造りの写真

すべて一から

とは言ったものの、実はお酒がほとんど飲めない森さん。ましてや酒造りのことなんて、何も知りません。事業を進めつつ日本酒の造りや市場などの勉強も並行して行い、東京農業大学・穂坂教授にも相談に乗ってもらいました。瀬戸酒造店が位置する開成町は箱根への観光客が立ち寄ってくれる可能性が高いことなどから、事業として成立することも再確認。2年かけて会社からのGOサインを取りました。
瀬戸酒造店は森さんの会社の子会社として生まれ変わり、森さんはその社長として就任しました。「開成町は豊富できれいな水がウリ。その水で育てられた米と地元で採取された酵母で日本酒を醸すことで、真の地酒としてアピールしていく」という方針のもと、酒づくりのリーダーとなる杜氏を探し始めますが、なかなか見つかりません。これから復活するような先行きの分からない蔵に行こうという杜氏はいない、と言われ続けましたが、ダメ元でハローワークに出したところ、なんとそこで運命の出会いを果たします。
応募してきたのは、もともと長野県の酒蔵で杜氏をしていた小林幸雄さん。後に西日本の蔵へ移りましたが、家族の住むところに近い関東の蔵で働きたい、と考えていた時、同蔵の求人を見かけたのだそう。
お互いにお互いの人柄に惹かれ、すぐに意気投合。二人三脚で醸造設備の準備を整えました。

瀬戸酒造店の今後

「酒田錦」は地元に長年親しまれてきた銘柄、「セトイチ」は酒蔵の技術を全て投じて造る、多彩で個性的な味わいのお酒。
中でも『セトイチ 音も無く』は、フランスの日本酒コンクール「Kura Master 2019」にて1年目にして最高賞のプラチナ賞を受賞しました。
コンサルティング会社の新規事業として利益を上げることも重要ですが、森さんの目標はそれだけではありません。
「瀬戸酒造店のお酒を美味しいと思ってくれた人が開成町の水に思いを馳せ、日本酒だけでなく米・野菜・果物など開成町の農産物にも手を伸ばしてもらいたい」これが森さんの願いです。
瀬戸酒造店のこれからの活躍から、目が離せません。